やり取りはあくまで秘密に

援交はあくまでも秘密で行う必要があります。援交をしている人は様々な人がいますが、主婦、サラリーマンでしている人が最近は増えています。結婚生活に嫌気が差していたり飽きてきたりしていてやりたいと思ったり、普段の生活の中で不安を抱えていて、その心の拠り所に援交を選ぶ人もいるようです。

援交をする際、してはいけないこともあるので押さえておきましょう。それは夫、妻に対してしている事実をばらすことです。あくまでも最後の最後まで死ぬまで秘密にしておく必要があるのです。

普通の不倫のような感覚でいるのかもしれませんが、不倫とは違っています。相手が高校生や自分の子供たちと同じ程度の年齢を相手にしているわけですから、それが家族に分かったら家庭崩壊になってしまうでしょう。

遊びのつもりで、息抜きのつもりでやっていたかもしれませんが、家庭が崩壊してしまったら、何もかも終わってしまうのです。夫に浮気されたことで腹いせに、援交を始めた主婦もいるのですが、そのような理由ではじめるのも危険です。

そしてもし援交していたことが夫にバレればこちらも家庭崩壊になってしまいます。もし家庭を壊すつもりがないのであればちょっと我慢したほうがいいかもしれません。

もしくは絶対にバレないようにする必要があるでしょう。ちょっとした自分の快楽のつもりで利用してもそれが家庭崩壊につながってしまったのでは本末転倒です。誰にもバレないようにすること、それが一番大事なことでしょう。

そして誰がどこで見ているかわかりませんので、誰にも気がつかれない場所で待ち合わせをして行動を起こしましょう。誰かに見られていてそれが夫や妻に告げ口される形でバレてしまわないように注意しましょう。